ロードバイクブログ

アティック店長の ロードバイクブログ

スポーツバイクのペダル交換で固いペダルを外す時の秘策

2018年04月24日

自転車修理

スポーツバイクのペダル交換で固いペダルを外す時の秘策

  • facebook
  • twitter
  • hatebu

こういうケースはないですか。一般車ではよくあるけどロードバイクでは初めてのこと。左ペダルは外れたものの右ペダルは固くて外れない。ギア側だから、右は左よりもトルクが掛かってどの自転車でもほとんどが右ペダルのほうが固いです。

でも、これまでロードバイクでレンチを使って外せなかったことはなかったです。

あ、正確には1回だけありました。そのバイクはトライアスロンに使われていたということで、スイムのあとだから使い続けるうちに錆びて固着してしまったのか、どうやっても外れなかったことがありました。ギアクランクを抜いた状態でペダルレンチをハンマーで叩いても駄目でした。

その悪戦苦闘した時の記憶が脳裏をよぎります。今回もギアクランクを抜いて作業しようと思ったんですが、待てよ、その前にと、ある方法を試したら、なんと、いとも簡単に外れた。

ペダルの脱着で活躍する道具達

スポーツバイクのペダル交換で固いペダルを外す時の秘策

ペダルの装着方法はペダルの価格によって使用する工具も変わってきますよね。15mmのスパナを使う時に外れない場合は、店長は写真のように加工したペダルレンチを使います。これをアルミの角材にすっぽり入れて使用すると、テコの原理でほとんどが外れます。

しかし、今回は六角レンチしか使えません。8mmのアーレンキ。でも残念ながらアーレンキでは細すぎて、この角材を使ってもまるで効果がなく、ペダルはまったく動く気配なし。そこで自宅にあったステンレスパイプを2本束ねて試してみることにしました。

なぜ2本かというと、1本では折れるかもしれないし、3本のほうが形が安定してもっといいかもしれないけど2本しかなかったから。この延長パイプにレンチを入れて、ペダルに足を掛けてぐいっと反対方向に力を加えるわけですが、今までの苦労がうそのようにあっさり外れた。

ペダルの脱着で気をつけたほうがよいこと

スポーツバイクのペダル交換で固いペダルを外す時の秘策

身の回りの物を利用した地味な道具ですが、これが意外にいろんな作業で重宝します。アルミの角材は、一般車のバンドブレーキを交換する時には欠かせません。ローターが固くてまず工具だけでは外せなかったのが今はこれのお陰でまったく問題ありません。

ねじ込み式のフリーボディの時も固いです。こちらはバンドブレーキよりもっと固い。原因はおそらくグリスを付けていないから。スポーツバイクでは起こらない想定外の作業がけっこう多く発生するのが一般自転車の修理です。

さて、ペダルの脱着で、もしも同様のケースでお困りの時に試していただく場合は、前輪がぐら付かないようにくれぐれもお気をつけください。レンチに(というか延長パイプに)力を入れた瞬間、前輪がぐら付いてバイクが傾いたりすると、パイプがフォークに当たって傷付いてしまうかもしれません。

バイクを支える方など誰かに手伝ってもらえるとより安心ですね。固いペダルもおそらくこれでほとんどが外れると思います。

【ご注意】番外編

スポーツバイクのペダル交換で固いペダルを外す時の秘策

ついでにペダルを脱着する時の注意点を2つほど書いておきたいと思います。バイクのメンテナンスがあまり得意でないという方は参考にしてみてください。

まず1つめ。ペダルを外す時に力を加える方向について。左右でネジの向きが違うことをご存じない方がけっこういらっしゃいます。装着する際に、自転車のペダルが左右で正ネジか逆ネジかわからなくてネジ山をつぶして持ち込まれるケースがこれまで何度かありました。間違ってねじ込んで取れなくなったというペダルは外すことはできますが、もちろんそのクランクはもう使えません。タップし直しても無理。

ペダルはギア側の右が正ネジで、反対側の左が逆ネジです。自転車のペダルは進行方向に回して取り付けるようにネジ山が切られています。外す時も装着する時も、ネジの向きにご注意ください。

2つめ。先ほどの六角レンチを使用するペダルでは、レンチを使用する上でどの部品でも共通の基本的なことですが、それはネジ穴(頭)に対して垂直に工具を使用するということ。特に細い6mmレンチを使うペダルは要注意。傾いた状態でトルクを掛けるとネジ穴の角がなめる危険性があります。

そして、初めて作業する箇所にレンチを使う場合ですが、力を入れる前にまずどれくらいガタツキがあるかを確認してから作業したほうがよいです。ガタツキが大きい場合もなめってしまうことがありますのでくれぐれもご注意ください。部品装着の時もですが、ネジが固い時は、角の磨り減った古いレンチは使わないほうがよいですね。

新品工具の場合も、同じ寸法でもメーカーによって公差が違います。工具を当てたら一気に力を加えるのではなく、ジワ~ッと力を増していく感じで作業するとよいですね。もしもネジ穴がなめってしまったらその部品は外せなくなる可能性大。もしもそうなった場合は、市販のネジすべり止め液を試してみてください。シートピンをなめってしまったと持ち込まれたケースでもこれを使ったら外せました。

それと、チタンシャフトのペダルは食いついてさらに固くなっている場合もあります。外れる時は一気にガツンという衝撃がくるのでお気をつけください(肩など痛めないように・・)。再装着の際は、スレッドコンパウンド等、専用グリスを塗布することをお忘れなく。

カテゴリ一覧

機材情報
バイクメンテナンス
トレーニング
フィッティング関連
イベント
自転車修理
店舗に関すること
その他

ブログ一覧

2018年
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2017年
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

ROAD BIKE SHOP AtticのSNS

ROAD BIKE SHOP アティック

アティックはロードバイクを楽しむコミュニティショップ!

https://www.attic-bike.com/

このページが気に入ったら
シェアしてください!

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
関連コンテンツ
PAGE TOP