ロードバイクブログ

アティック店長の ロードバイクブログ

カーボンバイクでシートポストを固定できなくなったトラブル

2018年08月10日

機材情報

カーボンバイクでシートポストを固定できなくなったトラブル

  • facebook
  • twitter
  • hatebu

エアロ形状のシートポストをフレームに固定する場合は、このようにスライド式の専用パーツが装着されているケースが多いかと思います。アルミポストでは、エアロ形状のシートポストに形を合わせたシートクランプが用いられているケースもありますが、カーボンバイクの場合は外観上、バイクを横から見た場合にトップチューブとシート周りの見栄えがシンプルになるこの形式が多く採用されています。

この固定パーツは、原理はスレッドステムの固定方法と同じ。ボルトを締め込むことで斜ウスを引き上げて、スライドされたウスのアール側をシートポストに押しつけて固定するという方法です。しかし、ウスはアルミなので、時には固定できないトラブルが発生するケースもあるようです。

固定トラブルの原因はネジ穴がなめってしまったこと

カーボンバイクでシートポストを固定できなくなったトラブル

アティックでは今回お持ちいただいたバイクで2件目ですが、シートポストが固定できないとおっしゃるのでシートポストを外してパーツを取り出して確認してみたところ、やっぱりウスのネジ穴がなめっている状態でした。

ボルトを抜いて確認すると、削れたネジ山のアルミ片がボルトに付着しています。こうなるともうお手上げ。パーツを交換しない限りは解決しません。

今回は代理店に在庫があったからすぐに手配して交換対応できました。しかし、すべてのメーカーで全モデルの在庫を抱えているわけではありません。同じモデルでも年式やサイズによっては形状が変わる場合もあって、もしもその部品が在庫切れの場合はアウト。バイクに乗ることができなくなってしまいます。十分注意したいものです。

ネジ穴をなめてしまった原因

今回、ネジ穴をなめることになってしまった原因は、たぶんグリスが塗られていなかったから。

そもそも、今回の部品に限ったことではないですが、メーカーのほうでバイクを製造している過程でパーツによってはグリスが塗布されていない箇所が多くあります。

バイクメーカーは取り寄せたパーツを組み立てて出荷しているわけですが、市場で流通されているパーツメーカーのパーツにはネジにグリスは塗られていても、バイクメーカーで用意している専用パーツの場合はショップで対応しなければならないケースも多いのではないかと思います。

こちらのバイクもこの部品にグリスが塗られた形跡はありませんでした。

しかし、昔のシートピン式のネジをなめてしまうケースと違って、ウス式の場合はボルト径が6mmと太いので、おそらくただ締め過ぎてなめてしまったというケースは少ないでしょう。では、なぜなめてしまうかというと、以下、あくまで推測です。

それは、材質がアルミなので、グリスが塗られていない状態では、締めた後にネジの摩擦変化がかじりつきに近い状態になって、緩める時にネジ山に負担が掛かって、これを何度も調整を繰り返すことによって次第にもろくなり、トルクに対する耐性の一定限度を超えた時になめてしまうのではないかなと、、

もちろん、あくまで仮定の話です。

シートポストの固定は、ハンドルステムの2倍のトルクを必要とするほど大きなトルクを必要とします。ステムでも締め過ぎてクラックを入れてしまう方もいるほどだから、その2倍のトルクといったらよほど気をつけなければなりません。

でも、乗車中の荷重をこのパーツだけで支えているので、いくら気をつけるといっても、グリスが塗られていなければ、材質上、何回も指定トルクで作業するのは無理があるかもしれませんね。サドルの調整回数が多い方は、トラブルが起こる前にグリスが塗布されているかどうかを一度確認してみてください。

固定トラブルの対策など

カーボンバイクでシートポストを固定できなくなったトラブル

基本的に、自転車にパーツを装着する場合はすべてのネジにグリスを塗る必要があると思いますが、意外に見落とされているのはボトルケージのネジとか、ホイールのクイックシャフト、アクセサリーのネジ類など。

ただ、場所によってはべたつくグリスは塗りたくない気持ちもわかりますので、適材適所に必要なグリスを用いればよいかと思います。ネジにゆるみ止め防止のシールが塗布されている場合も、目的が違うのでグリスは必要です。

アティックでも使用箇所によって使い分けていますが、今回のように繰り返し荷重が掛かるような箇所には、かじりつき防止のためにワコーズのスレッドコンパウンドが便利です。

グリスではないけど、もしもネジの頭がつぶれ気味で固くて外せないというケースでは右端の滑り止め液を使ったりもします。シートピンの頭を舐めてしまったという持込バイクもこれで外せたことがありました。けっこう重宝します。

アクセサリーなど、グリスを使いたくない箇所は錆びるとネジが固着して外せないケースもありますから、雨中走行の多い方は定期的にネジを動かして確認しておいたほうがよいと思います。一般車でも固着してしまって切断するしかない場合も多くあります。

店長も昔、クロモリ時代にスレッドステムが固着して抜けなくなったことがありました。フレームの塗り替えの時でしたが、その時は突き出し部分をカットしてフレームを送り、バーナーで炙ってもらってようやく抜くことができました。ステムカットはビルダーの要求でしたが、炙って鉄を膨張させてから叩き落としたのだと思います。サビの固着力ってけっこう頑強ですよ。

カテゴリ一覧

機材情報
バイクメンテナンス
トレーニング
フィッティング関連
イベント
自転車修理
店舗に関すること
その他

ブログ一覧

2018年
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2017年
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

ROAD BIKE SHOP AtticのSNS

ROAD BIKE SHOP アティック

アティックはロードバイクを楽しむコミュニティショップ!

https://www.attic-bike.com/

このページが気に入ったら
シェアしてください!

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
関連コンテンツ
PAGE TOP