店長のロードバイクブログ

BIKE SKOP アティック 店長のロードバイクブログ

ロードバイクのメンテナンスの時に、トラブル防止のために注意すべきこと

2019年06月23日

機材情報

ロードバイクのメンテナンスの時に、トラブル防止のために注意すべきこと

  • facebook
  • twitter
  • hatebu

ロードバイクのメンテナンスについて、ご自分でバイクをメンテナンスされる時に、これを知っておくと役に立つだろうなと思うことを今日はいくつかご紹介したいと思います。最近、店舗作業で起こった事例も交えてご紹介します。

定期的に点検整備を行う時の要注意箇所

店舗にお持ちになられるバイクのメンテナンスは、通常の点検整備と、何かトラブルで困った時にご相談いただく作業と大きくこの2つに別れますが、点検整備のメンテナンス作業は走行に支障をきたすほど問題となるようなケースはほとんどありません。

通常メンテでは、気をつけなければならないのはハンドルのガタツキとネジの緩みくらいでしょうか。とはいっても、ネジの緩みは深刻な問題につながる恐れもあるから注意が必要です。特にエンドハンガーとギアクランクは要注意箇所。

エンドハンガーのネジが緩んでいると変速不良の原因にもなるし、そのまま放置していると角が削れてしまいフレーム側が傷付いてしまうと修復できません。数ヶ月に一度の頻度で緩んでいるかどうかを確認しておいたほうがよいですね。

締め付け状態を確認する時は、リプレイス式のハンガーにはネジのサイズがいくつかあって、サイズによって作業性も変わりますが判断基準はネジの頭。一点止めはほとんどが5mm。写真のように、こちらはほぼフレームの外側にネジの頭が見えると思います。これはネジ穴が大きいから作業はそれほど神経使いません。

5mmのネジは頭側で締めて止まればよいですが、裏側のナットが供回りする場合はナット側をカニ目レンチで固定して締めます。ネジがフレームと一緒に塗装されているケースも多いですから、その場合は滑らないようしっかりとレンチをあてて作業してください。

慎重に作業したほうがよい二点止めエンドハンガーネジの増し締め作業

ロードバイクのメンテナンスの時に、トラブル防止のために注意すべきこと

気をつけなければいけないのが二点止めのネジを使っているエンドハンガーです。二点止めはネジの頭が3mmか2.5mmが多いですが、この小さいネジの場合は不用意にトルクをかけてネジの頭をなめらせるとあとが大変。

頭がフレームの内側の場合は、ネジ穴に汚れた砂が詰まっていたり、油だらけになっているケースもあるから油分をしっかり落とすクリーナーで拭き取ってネジ穴をきれいにしてから作業したほうがよいです。少し力を加えてネジが動かなければしっかり締まっているのでそれ以上トルクを掛ける必要はありません。

エンドハンガーを交換する時にネジがなめっていて、店長はネジ滑り止め液を利用して外したことも何度かあります。ご自分で作業する時は気をつけたいですね。ネジが固い場合、なめると最悪緩めることができなくなってしまうので、少しトルクを掛けて固いと思ったら、最初からネジ滑り止め液を使ったほうがよいです。これはエンドハンガー以外の部品も同じです。

エンドハンガーは、ハブのクイックシャフトでも固定されているので少しくらい緩んでいても走行に支障が生じることはないとは思いますが、点検整備の時に緩んでいるケースも多いから、特に初回点検でここの緩みを確認していなさそうな場合は定期的にチェックしましょう。

ギアクランクの確認作業にともなって、チェーンクリーニングをする時のアドバイス

ロードバイクのメンテナンスの時に、トラブル防止のために注意すべきこと

ギアクランクのほうは先日も2ピースクランクの固定力が足りないケースがありました。左クランクを固定する前に右クランクのシャフトとの嵌合に緩みがないよう専用ツールでしっかり止めておかなければなりません。

それと、ギアクランクは、ギアを裏側からトルクスネジで止めるクランクは新品でも装着前に一度増し締めしておいたほうがよいですね。新車の場合も必須です。

以前、ここが緩んでギアがグラグラ状態となりチェーンが外れたケースもありました。走行距離にもよりますが、1年に一回はここもしっかりチェックしましょう。

ただ、油汚れがひどいと作業性が悪くクリーニングしてからになるので余計な時間が掛かりますから、チェーンメンテナンスの際はオイルの付け過ぎに注意してください。必要以上に注油しているバイクを多く見かけます。

そこで、注油の時のちょっとしたワンポイントアドバイス。まず、チェーンの位置は、フロントがアウター、リアはセカンドギア、ホイールからできるだけチェーンを離した位置のほうがよいです。なぜセカンドギアかというと、トップギアだと注油する際の逆回転させる時にチェーンラインの関係からフロント側が外れる危険性が高いので、セカンドギアのほうが安心なのです。なぜ注油ではチェーンを正回転で回さないのか、それは経験ない人はやってみればわかります。大変作業しづらいのです。

次に、注油の時はその前に必ずチェーンをクリーニングしてから行います。チェーンの汚れがひどいバイクは、オイルの注し過ぎかクリーニングをしていないか、もしくはその両方。クリーニングせずに注し続けると、ギアも汚れてそのうちタール状に固まり、その汚れを落とそうと思ってもその状態での作業はかなり困難で、チェーンばかりかギアの寿命も短くなります。(ちなみにCRCは絶対に×)

クリーニングはチェーンの汚れ次第で、使うのはパーツクリーナーかディグリーザーになりますが、汚れがひどければディグリーザーだと固形化した油汚れ以外はほぼ落ちると思います。ただ、アスファルトに付くとボロボロになるほど強力なので、室内外どちらでも下に何か敷いて行ったほうがよいですね。

アティックでは、洗車の時のチェーンクリーニングは、ゴム製品も痛めずにディグリーザーに匹敵するほど強力なクリーナーを利用していますので、ご心配な方は洗車クリーニングをご利用ください。

クリーニングの時は、チェーンだけでなくプーリーも一緒にきれいにしてあげてください。クリーニングの時に使うウエスは、タオルとか使わない衣服とか、綿製品だったらなんでもよいです。チェーンをウエスで直接つかんで(テンションプーリーの右側あたりで)、数回逆回転させながら溶剤で分解した油汚れを拭き取ります。その時に、プーリーも上下とも歯先を直接つまんで汚れを落とします。面倒でなければ、濡らした別のウエスで拭き取るとチェーン全体がさらにきれいになります。

でも、汚れがひどい場合は、ディグリーザーで油を分解させても細かい砂粒とか付着していてクリーニング後もごりごりする時がありますから、その場合はパーツクリーナーをチェーンに吹き付けて噴射の勢いで落としてください。それでも解消しなかったらアティックまで。洗車でほぼ完璧に解決します。

さて、最後に注油となりますが、ギアがアウターセカンドだとクランク3回転でチェーンが一周しますので、注し終わったら(注す時もテンションプーリーの右側で)、数回逆回転させてローラーの中にオイルを馴染ませたら外側のオイルは全部拭き取ります。

オイルの粘度にもよるけれども、粘度の低いロードバイク用のオイルの場合は、この拭き取り作業をしないと走行中にチェーン内部に浸透したオイルが外に出てきて余分な油分となってしまい、砂埃とか付いてこれもチェーン汚れの原因となります。必ず行ってください。

以上がチェーンメンテナンスの作業方法となります。これできれいな状態で乗れること間違いなし。そのうち油が切れてきてローラーがピカピカ状態になったら、その時にまたチェーンをメンテナンスしてあげてください。定期的にメンテナンスしていれば、クリーナーは毎回使用する必要はなく、数回に1回でよいでしょう。

 

今日はもう少し書こうと思っていたことがあと一つか二つあったのですが、調整で解消しなかったリアディレイラーの変速不良とか、長期間保管していたロードバイクを使用するときに注意すべきことなど、その対策方法。

でも、チェーンメンテナンスのことを書いているうちにそこでだいぶ時間を費やしてしまいました。今日書ききれなかったことはまた時間が取れた時にそちらで書こうと思います。ではまた。

カテゴリ一覧

機材情報
バイクメンテナンス
トレーニング
フィッティング関連
イベント
自転車修理
店舗に関すること
その他

ブログ一覧

2019年
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年01月
2018年
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2017年
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

ROAD BIKE SHOP AtticのSNS

ROAD BIKE SHOP アティック

アティックはロードバイクを楽しむコミュニティショップ!

https://www.attic-bike.com/

このページが気に入ったら
シェアしてください!

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
関連コンテンツ
PAGE TOP