店長のロードバイクブログ

BIKE SKOP アティック 店長のロードバイクブログ

バイクトラブルを未然に防ぐ洗車掃除のメリット

2019年09月23日

バイクメンテナンス

バイクトラブルを未然に防ぐ洗車掃除のメリット

  • facebook
  • twitter
  • hatebu

バイクを長持ちさせる秘訣のひとつが洗車だと思います。バイクはメンテナンス次第で寿命がまったく違います。定期的な洗車はいろいろなメリットも・・。

8月までは週2~3回のペースで行っていた洗車も9月に入ってからはずいぶん少なくなってきました。それでも洗車のある日は開店前のひと仕事で気合いが入ります。朝から充実のひととき。

洗車業務はメンテナンスでお受けする場合は1台ごとにしますが、買取りのバイクを店頭に並べる前に洗う洗車は2台集まったら行っています。なので、今は週1くらいのペース。

店長、マイカーの洗車は億劫で年に数回しか洗いません。車は汚れていてもあまり気になりません。でも、自転車の洗車は大好きで、マイバイクも汚れてきたら必ず洗います。特に中古で販売するバイクをきれいにするのは店頭に陳列するためにも必要ですが、洗ったあとは何か達成感を感じるんですね。「おー、今日もやったぜ!」って。おかしいんでしょうか^^

洗車後にチェーンのねじれを発見

きれいになったバイクを見るのは気持ちがよいものです。そして、バイクを洗うと乗車中にトラブルになりそうな原因を発見しやすいメリットもあるんです。

例えば、今回見つかったチェーンのねじれは汚れていたらわかりづらかったと思います。インナーリンクが歪んでいますね。おそらくシフトの調整不備でチェーンをアウター側に落とした時にクランクに絡んでねじれたのでしょうが、そのまま使い続けると変速不良の原因にもなるし、何度もチェーン落ちしてしまうトラブルに見舞われるかもしれません。もちろんギアにもよくありません。チェーンが切れやすくなるのは言わずもがなで、よくないことだらけ。

もしも、同様のケースに遭った場合、3,000km以内だったらこの状態では4リンク分(2駒)繋ぎ換えればOKですが、それ以上走っていたらチェーンは5,000kmが交換の目安となりますので新しいチェーンに交換したほうが安心ですね。

ちなみに、チェーンのリンク数の呼び方は、アウターリンク+インナーリンクの1セットで2リンクを1駒と言います。(この2リンクを2駒と間違った呼び方をしている記事を見掛けるものですから・・)
アウターリンクはプレートが外に出ているほう、インナーリンクは内側のほうですね。

チェーンを詰める時とかの呼び方は、リンク数のほうがわかりやすいと思います。シマノのマニュアルでも、リアディレイラーをセッティングする時とか、チェーンの長さを調整するときは、駒という表現は使わずリンクでの表記です。もちろん商品のパッケージに表記しているチェーンの長さも同じです。

保管中の中古バイクに起こっていた思いがけない出来事

バイクトラブルを未然に防ぐ洗車掃除のメリット

洗車後の中古バイクはさらに磨いて整備点検を終えたら店内に陳列します。中古車は新車よりも動きが早いですが、それでも価格帯によっては時間が掛かるバイクもあるため販売数よりも買取数が増えてくると、そのバイクは陳列スペースの関係から倉庫のほうに移動します。該当するバイクも引き続きショッピングページに掲載してますが、例えば今回お買い上げいただいたこちらのバイクもそのうちの一台。

で、先週ご注文頂いたこのバイクを発送しようと倉庫に取りに行った時のこと。ただ置いていただけなのに、あれっ、なぜかタイヤの空気が抜けている。倉庫といっても建物の室内で、ここに移動してから1ヶ月も経っていないバイク。おかしいと思いつつコンプレッサーで入れてみてもまったく注入される気配がありません。

チューブを取り出しバーストしていたことに気付いて、なぜバーストしたのか、まず破裂した箇所を確認。すぐに原因がわかりました。

リムテープの材質によって起こるパンクやバースト

バイクトラブルを未然に防ぐ洗車掃除のメリット

そう、写真のとおり、リムテープからスポークホールがはみ出ていて、チューブがそこに食い込んで破裂したんですね。このホイールに装着されていたリムテープは15mm。15Cのホイールでもこの形状のリムだと18mm必要です。このホイールも幅がちょっと足りなかった。

ほかにもリムテープの材質によってもバーストを引き起こすことがあって、特に中国メーカーの廉価バイクは注意が必要です。

最初見たときビックリしました。高圧のロードバイクに一般車と同じゴム製のリムテープを使っているモデルがあるんです。もちろん廉価車なのでリムにはスポークホールが空いています。コスト削減とはいえ、信じられないけど、該当しそうなバイクは一度確認したほうがよいかもしれません。

プラスチック製もちょっと注意が必要。リムテープのメンテナンスなんて通常考えもしないでしょうが、プラスチック製は定期的に交換したほうがよいですね。使い続けるうちにスポークホールの箇所がだんだん凹んできて、そのまま使い続けると丸く凹んだ角に亀裂が入ったりします。そうなると、その亀裂がパンクを引き起こしてしまうことも。ご注意ください。

それと、プラスチックのリムテープを装着する時は、リム内に収める最後のほうはだいぶきつくなりますよね。この時に端を折ってキズ付けたりしないよう、こちらもお気をつけください。折った跡が残ってしまうと、これもまれにパンクの原因に。

装着は指付き手袋を使ってテープを最後までしっかり保持しながらリム内に収めていけば傷つける心配もないと思います。

そういえば、先ほどの通販バイク。タイヤを外す際に何か刺さっていないか一応トレッド面を点検したんですが、こちらの記事で書いたのと同じような異物がタイヤに刺さってました。そちらの金属片よりももっと小さかったけどそのまま刺さりっぱなしだったらいずれどこかでパンクしていたでしょう。これも洗車でタイヤがきれいになっていたから発見できたと思います。洗車さまさま。

カテゴリ一覧

機材情報
バイクメンテナンス
トレーニング
フィッティング関連
イベント
自転車修理
店舗に関すること
その他

ブログ一覧

2019年
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年01月
2018年
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2017年
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

ROAD BIKE SHOP AtticのSNS

ROAD BIKE SHOP アティック

アティックはロードバイクを楽しむコミュニティショップ!

https://www.attic-bike.com/

このページが気に入ったら
シェアしてください!

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
関連コンテンツ
PAGE TOP