店長のロードバイクブログ

BIKE SKOP アティック 店長のロードバイクブログ

内装式のシフトワイヤー交換で交換不能に陥りそうになった原因と、作業時間短縮の新しい作業方法

2020年06月16日

バイクメンテナンス

内装式のシフトワイヤー交換で交換不能に陥りそうになった原因と、作業時間短縮の新しい作業方法

これまで内装式のシフトワイヤー交換はロードバイクがほとんどでしたが、最近はクロスバイクのエントリーモデルでも内装式がぼちぼち見られるようになってきました。

先日ワイヤー交換した変速トラブルのクロスバイクも内装式で、その時は危うくシフトワイヤーを交換できなくなり掛けて焦りましたが、こんなこともあるんだなという無事に交換できた作業内容と、今回の作業で、ワイヤー内蔵式フレームの場合に少しでも作業時間を短くできるようにする作業方法を思いついたので、それをご紹介したいと思います。

シフトワイヤーを交換できなくなり掛けたその原因とは

内装式のシフトワイヤー交換で交換不能に陥りそうになった原因と、作業時間短縮の新しい作業方法

今回ワイヤーを交換することになったのはリア側の変速が渋かったため。巻き取りレバーでシフトダウンする時は問題なく、解除レバーでシフトアップする際にインデックスが機能せず変速不良を起こしていました。

これはアウターケーシングの中でインナーケーブルがスムーズに移動しないことで起こる変速不良ですね。サビや腐食、ケーブルの曲がりやほつれなど、原因は様々ですが、いずれもワイヤー全取っ替えが最良策。これですべて解決します。

交換するときは、内装式ではまずアウターを抜いて、インナーにリードのケーブルライナーを挿入していきます。ダウンチューブから入れる場合は、インナーのタイコを切るか、アウターを途中でカットして取り外しインナーを出してから。店長はいつもリアディレイラー側から行ないますが、いつも通りすんなり入ると思いきや、ここでトラブル出現。ライナーが入っていかない。

何度押し込んでも入らない。ボトムブラケット(以下BB)にケーブルガイドが装着されているのでフルアウターではないし、アウターを抜く時もエンド付近のストッパーまでの長さのアウターだから、何も問題ないはずなのになぜかライナーがガツッと止まってそれ以上入らない。

原因は写真のとおり、本来ケーブルガイドで止めておくはずの装着ライナーでした。

これがチェーンスティの中に入り込んでいて、BB側でハンガーシェルとスティの溶接箇所に引っかかっていたんですね。まさかスティの中にライナーがあるとは夢にも思わず想定外のトラブルでした。

チェーンスティの両端でインナーを持って動かしているタイミングでこの装着ライナーが頭を出したので、ようやく原因がわかってまずはひと安心。

それにしても長すぎる。なぜこんなに長くしたのか? そして、どうしてチェーンスティの中に入っていたのか? 通常は適正な長さの分だけケーブルガイドに通してそこに止めておけば、変速の動作でも動くことはないと思うんですが…。不思議です。

BB裏のケーブルガイドにライナーが必要なとき

バイクを組み立てる際に、フレームによっては、BB裏のケーブルガイドに最初からライナーが装着されているケースもあります。フレームの仕様にもよりますが、ガイドが他社製のもので、もしケーブルを通しやすくする理由だけでライナーが装着されている場合は、通常はそのライナーはそのまま付けておく必要はありません。

外装式ケーブルの場合は汚れてくるし、あまりチェーンのメンテナンスをされない方はBB回りが油にまみれているケースもあって、そういう場合はライナーの中にも汚れが浸入し、特に雨天でも走られる場合は泥詰まりでシフトの引きが重くなる原因にもなりかねません。

内装式フレームの場合は、ダウンチューブからBBを通ってディレイラーの近くまでライナーでルーティングされているモデルの場合は、フレームの仕様なのでこのまま使います。BB裏の形状でライナーがあることで引きが軽くなる時ももちろんそのままで。それ以外は装着しておく理由がないなら抜き取ったほうがよいです。

でも、北海道で、レースに力を入れて活動されている方は、外装シフトのバイクをお使いでしたらライナーは後付けでも装着しておいたほうがよいでしょう。

寒くても雪が解けたら外で乗る方もいらっしゃると思います。店長は一度こんなことがありました。ケーブルガイドに付着した雪解け水が凍ってしまい、ケーブルが動かなくなって変速不能の状態に。北国ならではのトラブルですが、必要がないと思っていたものが、地域によっては役立つこともあるんですね。

もちろん、外装シフトでBBにケーブルライナーを装着しっぱなしで使う場合は、チェーンは定期的なクリーニングが必要です。バイクも汚れてきたら掃除してください。そうしないと、先ほどのように別のトラブルを引き起こしてしまうので。

リアディレイラーの内装式ケーブル交換で作業時間を短縮する方法

内装式のシフトワイヤー交換で交換不能に陥りそうになった原因と、作業時間短縮の新しい作業方法

さて、店長はこれまで、ワイヤー内装フレームでシフトケーブルを交換する時はライナーは1本で作業していました。内装式フレームはフルアウターが一番簡単で、フルアウターはリードのライナーは必要ありません。古いインナーケーブルを抜いて、新しいインナーを挿入してから古いアウターケーシングを抜いて、新しいインナーをリード代わりにして新しいアウターを入れるだけ。アウターがフレーム内で引っ掛かった時は少しコツがいるけどそれほど難しくはありません。

ただ、フルアウターは重量が重くなるので、現在は完成車メーカーのバイクではほとんど使われることがないと思われます。しかも、以前の作業のように、ワイヤーを全部抜いている状態から装着する場合は逆に時間が掛かります。

なので、現在主流の、ダウンチューブにアウターストッパーを施して、BBで一度外に出してから装着するフレームのほうが、バイクを組む場合もワイヤーを交換する作業の場合もストレスなく行なうことができますね。

BBで一度外に出すのはケーブルガイドがあるからですが、BBから先は、チェーンスティをはわせる外装式かBBからもう一度チェーンスティの中を通す内装式のどちらかですが、作業時間は外装式のほうが圧倒的に短いです。

で、チェーンスティを通す内装式でも出来るだけ作業時間が短くなるよう、今回はライナーをもう1本用意して作業しました。作業しやすいように、BBからダウンチューブ側用とBBからチェーンスティ側用に2本とも適当な長さにカットします。

なぜ2本なのかというと、1本の場合は、交換前のインナーケーブルはケーブルガイドの輪っかを通っているからライナーもそこを通さなければならず、これが地味に面倒です。

BBの仕様に詳しい方は、それでは輪っかを切ればいいのでは、と思うかもしれません。でも、これは変速調整などする場合に、インナーがガイドから外れるのを防ぐための仕様です。まれにフロント側でこの輪っかがないバイクがありますが、外装式だと固定ボルトを緩めた途端、だいたいガイドからインナーが外れます。調整の際にこの輪っかがないと余計な作業が生じて、大変に作業がしにくい。

ほかにも、BBにライナーが見えたらライナーが通ったところだけインナーを一旦引き抜いて、ライナーをガイドを通さずに行なう方法もありますが、これもその後BBから先のフレーム内にもう一度ライナーを挿入させて、次に新しいインナーを入れた後にBBのところでもう一度同じ作業を繰り返す二度手間が生じます。なにより、新しいインナー挿入後にライナーをBB付近で抜く時に、インナーの位置がライナーの中なのでわかりづらく、外に出ていない状態でライナーを抜いてしまったら大変です。

そして、1本の場合は、最初にライナーのリードとなる交換前の装着インナーよりもライナーのほうが長いため、ライナーがフレームの中でつっかえたりすると時間が掛かります。2本の場合は、こういう時もインナーを両サイドでピンと張って、ライナーを保持しながら動かせばだいたい回避できるので、作業性も大幅アップ。

もちろん、2本の場合は、ディレイラー側とダウンチューブ側の両方から入れて、写真のようにBBのところで出てきたら古いインナーを抜いて、ダウンチューブ側から新しいインナー入れたら(もちろんレバーに通してから)そちらのライナーを抜いてガイドに通し、次にディレイラー側にインナーを入れ終わったらそちらのライナーも抜いて終わりです。

2本のライナーで作業する場合は、チェーンスティのワイヤー挿入口の形状によってはケーブルガイドは外さなくても装着したまま作業できるかもしれません。さらに作業性が上がるかも。

このようにケーブル内装バイクのワイヤー交換は、リードするケーブルライナーを2本用意すると、とても作業がしやすいです。

作業方法も書いてたらずいぶんと長くなってしまいました。ご自分で交換されている方は、よろしければ参考にしてみてください。

カテゴリ一覧

機材情報
バイクメンテナンス
トレーニング
フィッティング関連
イベント
自転車修理
店舗に関すること
その他

ブログ一覧

2020年
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年01月
2019年
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年01月
2018年
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2017年
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

ROAD BIKE SHOP AtticのSNS

ROAD BIKE SHOP アティック

アティックは、ロードバイクを楽しむコミュニティショップ

https://www.attic-bike.com/

このページが気に入ったら
クリックしてください!

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
関連コンテンツ
PAGE TOP