ロードバイクのことは、何でもお任せください

レース観戦にも役立てよう!知っておくと便利な解説辞典 サイクルビギナー辞典

ふるいに掛ける

「ふるい」とはもちろん竹などを編んで網の目状にしたやつ。ある基準に適さないモノを選り分けるときに、よく世間では「ふるいに掛ける」とか言ったりする。実はこの言葉は自転車レースでも使う。とくに、カテゴリーがハッキリ統一されていないレースなどの、選手同士のレベル差の大きいレースの時はこれが常套手段といえる。

ちょっと毒をふくんだ言い方になるけど、レースでは、強い選手達にとっては、弱い選手がレースを阻害する原因となる可能性もある。集団の中切れとか、落車の巻き添えとか。そこで、あらかじめ無用なトラブルを回避するために、周回コースなどでは最初の1、2周はすごくペースが速い。これで弱い選手をどんどん切っていく。これが、ふるいに掛けてるところ。選手によっては我慢のしどころだ。周回ごとのラップタイムを見ているとわかりやすい。ただし、高いレベルでは、アタックが掛かるとかレースの展開に動きが現れるまでは、最初からペースは安定していることが多い。

ところで、ふるいに掛けやすいのはどういう時だろう?

平地の場合を見てみよう。平地の場合はあまり集団は崩れない。少しくらい弱い選手でも大きな集団の中で走るのは十分可能だ。ここで遅れる選手は、その集団から見るとかなり力の劣る選手ということ。その為、平地では中切れも起きにくい。しかし、上りは違う。実力がハッキリ表れる。弱い選手はどんどん切れていく。だから、アップダウンの激しいコースを走ってる時がふるいに掛けやすいとき。

以上のことから、上りの周回コースでのレースでは、最初の数周はポジション取りがすごく重要だ。スタートから出来るだけ前の方に位置するように注意しよう。公道レースで大集団の場合は、コース幅が狭いため集団はサーキットコースに比べると長くなる。前方の状況がつかみにくいので後方にいてはますます不利だ。こっちはもっと気をつけよう。昔、300人一斉スタートのレースを店長は走ったことがある。狭い道路でレースにならなかった。実力以上に積極性が結果を左右するときもある。

ROAD BIKE SHOP AtticのSNS

ROAD BIKE SHOP アティック

アティックはロードを楽しむコミュニティショップ!

https://www.attic-bike.com/

このコンテンツが気に入ったら
シェアしてください!

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
関連コンテンツ
PAGE TOP